猿壷の滝

猿壷(サルボ)の瀧 自然を踏み分け10分程度で会える瀧

新温泉町にはたくさんの滝がある、自然豊かな地域

なかでも猿壷の滝は、山に分け入らなければならない滝ながら、分け入って約10分程度と、比較的簡単にで出会える滝

猿壷の滝
猿壷の滝

猿壷の瀧

猿壷の滝
猿壷の滝

落差は5メートルほど

小ぶりながら大小いくつかに分かれて

落ちてくる水流はみごたえがある

瀧の右側から滝の裏側から覗くことも出来る

ぜひ譲り合って覗いてほしい

観光名所ではあるが

観光客のために舗装されているという所はない

濡れ場を通らずに行くことはできません

滝観光の準備はあった方がいいでしょう

道路から猿壷サルボの滝まで

猿壷の滝
猿壷の滝

道路からは「分け入る」という表現が適切に思える小道を

枝を払いながら入っていきましょう

猿壷の滝 入口
猿壷の滝 入口

少し入ると滝から流れる水が小川になって

両側には草木が茂っている

木にも岩にも苔が生えていて

経過した時間の長さを感じることが出来る

猿壷の滝
猿壷の滝

滝に着くまでの短い道のりで一カ所

沢を横断して渡らなければならないところがある

沢の深さはその時の天候で

水量によって変わるので注意したい

訪れたこの時は、足首の少し上程度で、

水量は少し多い目の日だったそうです

また近年多い、台風や豪雨の影響で

岩や木々が流され沢の風景を変えている

2021年6月撮影

横たわっている木は元々滝壷の際に横たわっていて

滝つぼに少し深さをもたせていたようです

時間とともに姿を変える自然の表現はたのしみ

猿壷って何て読むの???

観光雑誌などには「さるぼ」の滝と紹介されています

しかし、グーグルでは「さるつぼ」の滝と

はっきりアナウンスされます

さて、なんて読みましょうか?

答えは現地にありました

サルボの滝
サルボの滝

サルボの滝が正式名称なんでしょうね

ゆうてえやあ

猿壷の滝までの道中

霧ヶ滝入口
霧ヶ滝入口

霧ヶ滝への散策路となる駐車場

広くキレイに整備されています

残念ながらトイレや自動販売機などはありません

インターネットはここまでは繋がるようです

グーグルマップを利用しているならば

ここを過ぎる前までにダウンロードしておきましょう

また、ここからの道中は道が狭くなり所も所々ある

山道は一車線

すれ違う場合もあります

運転は慣れている方に、お願いしましょう

バックで曲がる、寄せるができる方に

アクセスマップ

 

猿壷の滝ではインターネットは通じません豪雨や台風明け数日は、控える方がよいでしょう

落石に注意

よく見る看板ですが、猿壷の滝までの道中では、「落石」が頻繁に見られます

落石とは、「すでに落ちた石」のことです

これから落ちてくる石ではありません

上ではなく下、道路を注視します

岩ではなく石、少し大きめの石

道路はアスファルトで舗装されて道が続きますが

落石によりこぶし大の石が多くみられます

安易に石の上を通過しないよう

ゆっくり避けて進んでください

もしくは、止まって岩を脇に避けて進みましょう

駐車場

猿壷の滝 駐車場
猿壷の滝 駐車場

詰めれば8台程度は停められるスペースはあるようです

最近の報道などで訪問される方は増えているようです

後で来る方にも配慮して

整列して停めていただければよいと思います

長靴のススメ

沢を渡る際に長靴がある方が良いでしょう

ビーチサンダルは浮きますのでケガの元です

長靴をおすすめします

せめてマリンシューズは用意した方が良いでしょう

ちなみに、私は漁サンで入りました

沢の水がとっても冷たく、

沢は足場も悪いので経験上お伝えします

長靴がない場合、10分では行けないでしょう

滝撮影

シャッタースピード1秒程度がオススメです

ご覧の通り木々に覆われたところにあります

滝は木漏れ日の灯だけでは少し暗い

曇りの場合は、もう少し長くても良いと思います

その際の必須アイテムが三脚です、手振れを軽視せず準備しましょう

猿壷の滝
猿壷の滝

ズームレンズをお持ちであればこのような画も面白いですよ

自然を楽しんでくださいね

猿壷の滝
最新情報をチェックしよう!

新温泉町 | Shinonsen同じ市区郡町村の記事