タグ付きのズワイガニをおいしく堪能するよ!

年中食べられる冷凍カニではなく、タグ付きのズワイガニを食べたい!

 

ということでやってきたのが兵庫県豊岡市にある津居山港。

水揚げされるズワイガニはブランド化された、ツイヤマ(津居山)ガニ。

冬の季節においしいもの、いただきますよ。

 

堪能するズワイガニはツイヤマガニ

今回は、民宿で津居山ガニのフルコースを提供していただける、日の出荘さんで堪能してきました。

それでは、おいしいところをザっと紹介します

カニ料理で至極の一品

加熱せず、生のままでいただきます。

しょうゆに少しつけたら、 パクッ  ツルン  ツイー です。

 

パクッとほうばると、プルプルの身が口元でプルプルとあたり、ツルンと奥まで入ってきます

スジにしっかり身がついているので、関節部分からキレイに身をツイーッとこそいでいただきます。

 

カニの甘みを充分に感じて、味わいながらいただきます。

個人的には、カニを一番おいしくいただける、贅沢な料理だと感じています。

ゆでガニが好きだという方も多いと思いますが、それぞれですよね!

 

焼きがに、カニちり 無言が始まる食事タイム

食事前の状態です。

ここからおいしさと楽しみ共有せず、独占タイムが始まります。

 パクッ  ツルン  ツイー です。

 

七輪で焼き蟹

こちらは、水ガニです。

若がにとも呼ばれています。

水ガニとは、脱皮したての雄のズワイガニを言います。

殻も身も柔らかい。

 

 パクッ  ツルン  ツイー 

この一定のリズムでいただきます。

おいしいです。

少しずつおいしさを確認すると言葉が減ってきます。

そう、黙々と「おいしい」をいただくからです。

 

かにみそもいただきます。

みそと言いますが、脳みそではありません。

カニの内臓で肝膵臓と呼ばれる部分になります。カニの「肝」(キモ)と呼ばれる部分ですね。

この肝を醤油で溶いて肝醤油にします。

肝醤油に身を付けていただくと、おいしさ倍増する食べ方です。

カニ食ではハズれることなくオイシイ。

 

身を剥いて、みそをのせたら、 パクッ  ツルン  ツイー のリズムです。

あっという間になくなります。

 

味噌はスプーンですくって、そのままパクッといただいてもおいしいです。

お鍋の最後にいただく、〆ぞうすいに加えてもおいしいですよね。

たらふくいただいた、かにの「おいしい」がぞんぶんに出たダシで、ぞうすいをいただきます。

 

小皿に取り分けてから、残しておいたカニミソを少し加えていただきます。

カニが濃すぎておいし過ぎます。

口の中が、一番おいしい事になっている気がします。

締めのデザート

食後にさっぱりしたデザートをいただくのが、少しもったいない気もしました。

季節限定の料理です。

ぜひ堪能してみてくださいね。

日の出荘さん、ごちそうさまでした。

アクセスマップ

最新情報をチェックしよう!

豊岡市 | Toyo-oka同じ市区郡町村の記事