浄土宗洗心山甘露寺 和歌山県紀の川市の外せない新たな観光地  

浄土宗 洗心山 甘露寺

浄土宗 洗心山 甘露寺

和歌山県紀の川市にある、浄土宗の寺。
甘露寺。

ズッシリ高くそびえる大銀杏の存在感があるが、訪れたときは少し時期が遅く、黄葉は見頃を過ぎていて残念。

黄葉を見逃した大イチョウ

境内には、梛(ナギ)の木や、多羅葉、桜、樫などたくさんの木々が植えられていて、一つひとつ見てまわるだけでも楽しい。

境内から遠くに望む山々は、秋空に映えるキレイな秋色を見せていて、景色も申し分ない。

甘露寺

鬼滅の刃 聖地として人気

さてこの甘露寺、全く意図しないところで注目されている。
お寺の名前「甘露寺」が、漫画 鬼滅の刃 に登場するキャラクター名

「甘露寺 蜜璃(かんろじ みつり)」と同名である
ということ。

作者の吾峠呼世晴(ごとうげ とよはる)さんは、福岡県の出身で、主人公の苗字「竈門(かまど)」は、福岡にある神社から由来ではないかと言われている。

和歌山の甘露寺との関連は不明。
たまたまかな。

そういえば大阪市に、姫島(ひめじま)という神社もある。
鬼滅の刃のキャラクターで作中の名前は、
「悲鳴嶼 行冥(ひめじま ぎょうめい)」
字違いだが。。

甘露寺

紀の川市からの要請を受け入れて、漫画のイメージに沿った雨どいを設置したところ、鬼滅の刃のファンやコスプレイヤーの聖地となっている。

住職は想定外の事態に大忙し。
さすがは、紀の川市。

鬼滅の刃イメージの雨どい

この雨どいは、紀の川市が準備されたもので、設置するとファンやコスプレイヤーの参拝が激増。

近くの体育館は、土日限定で簡易更衣室も整備するほどの人気。
たくさんのコスプレイヤーやファンの方の参拝が絶えない。

しかし、2020年12月13日(日曜)を最終日として、雨どいは撤去されました。
再開の予定はなく、雨どいは紀の川市に返却されるという事です。

アニメ鬼滅の刃 刀鍛冶の里編 の放送が始まれば、また再開されるかもですね。

特別ご朱印 利剣名号

特別ご朱印 利剣名号

ご朱印とともに頒布されている利剣名号も素晴らしい。
書置きのみで、雨どい撤去後も継続して頒布されています。

台紙がピンクというのも、キャラクターイメージにマッチしている。
作中、甘露寺蜜璃は恋を信仰するキャラクターで、ピンクがよく合いますね。

もちろん、通常のご朱印もあります。

利剣名号(りけんみょうごう)は

南無阿弥陀仏の六文字の名号を
剣のように鋭く描いた利剣名号は
煩悩(苦しみのもと)を断ち切り
あらゆる困難を滅することができると
言われている。

引用:頒布いただいた際にいただいた添え書きより一部抜粋

最寄り駅は甘露寺前駅

甘露寺前駅
甘露寺前駅

無人駅の甘露寺前駅は
なかなか見ごたえのある駅。
ピンクが基調でかわいい。

恋色一色

カワイイがいっぱいの無人駅。

甘露寺まで徒歩で約5分。
もし、お財布に100円硬貨が2枚あれば
構内で恋みくじも設置されているので
楽しむことができる。

時間があれば
ひと駅先の終点「貴志駅」まで乗ってみるのもイイ。

和歌山電鐵 貴志川線 貴志駅

貴志駅

和歌山電鐵 貴志川線 貴志駅といえば。

猫のタマが駅長の駅として有名な
貴志駅はご存じでしょうか。
甘露寺前駅からひと駅先の終着駅。
ひと駅足を延ばしてみるのも悪くない。

タマ電車
たま電の車内

楽しみは尽きない。
まるで恋のように。

最新情報をチェックしよう!

紀の川市 | Kinokawa同じ市区郡町村の記事