大阪の紅葉シーズン最後は ほしだ園地で星のブランコ

星のブランコ

1997年 国体の開催でクライミングウォールの整備とともに作られた吊り橋。
大阪府 枚方(ひらかた)市 私市(きさいち)の、星田園地。
枚方も私市も大阪でも代表的な難読地名だが、悩まずに楽しめる星のブランコは、観光、家族でもデートでもオススメ。

やっぱりカップルデートが多いかな。

星のブランコ

星のブランコ

吊り橋ということは、揺れる。

吊り橋の通路は、木製の板が敷き詰められている。
木製の吊り橋というと、1枚の板との間が結構空いていることがある。
一歩一歩、下を見ながら進まないと落ちてしまいそうなスキマがある。
ということはなく、かなりシッカリしている。

吊り橋の全長は、280m。先に渡り切った人影はさっぱり見えないくらい長い。
地上高50mと言われても、あまり気にならない。
吊り橋には、一度に何人も渡るが、ゾロゾロの行進ほどの混雑はなく、すれ違うゆとりの幅がある。

残念ながら、期待したほど揺れない。

吊り橋の下に見える木々の背が高いので、リアルな高さを感じることもない。
紅葉がキレイに見えるので、ちょっと下を覗いてみるのもオススメ。
落下防止用のネットがあるところだと、ちょっと安心。

吊り橋からすこし伸ばして撮影ていました。
吊り橋の下の紅葉も見てみてくださいね。

ほしのブランコ展望デッキ

展望デッキ

吊り橋を渡り切り少し進むと、星のブランコを上から眺めることができる、展望デッキがある。
展望デッキからの見晴らしは素晴らしい。
という話を聞き行ってみた。

展望デッキからの眺望

思ったよりも上からの眺めで、ほしだ園地も越えて見渡せる。
なかなかの絶景
ちょっと変わった視点を探して見つけたのはー。

星のブランコ ↑ ココにある

柵の下から覗いてみました。
これくらい小さく見えるほど、高いところから見下ろすことができます。

ピトンの小屋

ピトンの小屋

ほしだ園地の入り口となるところで、園内の案内所でもある。
ドリンクの補給や園内の情報が収集できる。

なんといっても一番の収穫はやっぱりスイーツ。

マンゴーバー

スイーツと言ってもコレ。
アイスバーにフルーツがゴロっと乗っているの流行りのタイプ。
秋とは言え、歩き回った後にはオイシイ1本。

駐車場情報

駐車場

星のブランコの閉鎖時間は16時30分
駐車場の閉鎖時間は17時
駐車料金は、200円/時間
上限設定はありません。

星のブランコをたのしんで、ゆっくりしても2時間程度。

磐船神社

磐船神社

展望デッキから徒歩30分と書いてあったので立ち寄りました。

ご神体は、巨石で、境内から岩窟修行ができるよう。

最新情報をチェックしよう!