亀老山展望公園

しまなみ海道の展望台とも比喩される亀老山(きろうさん)展望公園からの眺め

広島の尾道からしまなみ海道を渡ったらならば
愛媛県の今治に抜ける手前の島、大島にある展望公園

亀老山展望公園

亀老山展望公園
亀老山展望公園

絶好の景勝地に建てられたこの展望台の素晴らしいところは、
1メートルでも高いところからの眺望をリクエストするのではない。

山のなかから展望所を設置し自然な木々を表現しつつ、展望部分を広くとっている

展望所までの登りは、傾斜を少なくするために
なだらかで長い階段を幅広く設置し、とっても開放的に散策することができる

 

展望台は両端に分かれ楽しむことができる。
一方では、来島海峡大橋を望むことができ、懐かしい有料望遠鏡が設置されている

有料展望鏡を覗いていたのは小学生くらいまでかな。
なにか懐かしさを感じる。

亀老山展望公園
亀老山展望公園

もう一方では、すぐ近くに今治が見え、島の端を見通すと、果てしない海が続く。

見える景色は違うので、感じ方もかわる。
ぜひ両端に立って、その展望を楽しんでほしい。

亀の石像

駐車場から展望デッキまでは、ほんの2,3分。
帰りになって気が付くのが、大きな亀の石像
そばには、亀老山の由来が書かれた立て看板がある。

亀老山展望公園
亀老山展望公園

今から約1300年ほどの前、、光り輝く黄金色の観音像を背負った大亀を、旅の風来僧が大島の海岸にある洞窟で見つけたそうじゃ。早速その観音像を持って、とある山に七堂伽藍を建立して崇拝し、それ以降この山は亀老山と呼ばれるようになったそうじゃ。

口調が変わったのは、由来の立て看板をそのまま引用させていただいた為です。

亀老山展望公園売店

亀老山展望公園
亀老山展望公園

しまなみ海道随一の呼び声高い展望台ですが
駐車スペースがそう広くなく
とめられる台数も多くないのと、道中の上り坂。

サイクルロードで来られる方々には、達成感は半端ないものでしょう。

亀老山展望公園
亀老山展望公園

駐車場のすこし手前のところに、小さな展望スペースが設けられている。
写真家の故安藤喜多夫さんが吉海町に提案し設置される事になったそうです。
展望デッキからの眺望とは異なり、一段二段低い場所からの眺望もまた素晴らしい。

ゆうてえやあ

駐車料金は無料
駐車場から展望台の突端までまでは遅くても徒歩10分
24時間開放

しまなみ海道の観光に来られたなら、ぜひこちらへの立ち寄りをお勧めします。

亀老山展望公園
最新情報をチェックしよう!

しまなみ海道 | shimanami同じ市区郡町村の記事