リニューアルしたレインボーライン山頂公園から三方五湖を楽しむ

三方五湖は、福井県の若狭地方にある5つの湖を、まるっとまとめて言います。
読み方は、「みかたごこ」
三方に5つの湖があります。そのまんまです。

夏には海水浴や海鮮を楽しみに来られる方も多いと思います。
秋から始まるカニの季節は、世代を変えて大混雑します。
北側にはスグ日本海がありますが、今回は海ではなく、湖のご紹介。

三方五湖 レインボーライン 山頂公園

三方五湖 レインボーライン山頂公園

三方に、五湖(三方湖、水月湖、菅湖、久々子湖、日向湖)が見渡せるよう、湖に沿って長細く整備されている。
スグまえに湖を望むことができ、その先の山々や雲が奥まで借景されていて、遠近感を楽しみことができる。
とても晴れ晴れした気分。

2020年3月にリニューアルされた山頂公園はすごかった。

五湖テラス

五湖テラスの丸型ソファー

山頂公園に着くととりあえず、レインボーのパラソルを手にする。
いや、手にしなくてもいいけど、日傘にもなるし、気分はインスタ映え写真のモデルさんになれる。
手にすると、そのまま進むだけで、まあるいソファーが目に入る。

気が付くと、そのソファーに腰掛けている。
落下防止にちょうど目線の高さに柵があって、座ると見えない!
ということもなく、座っても寝転んでも飛び跳ねても絶景を楽しめる。
青い空と湖に白い雲、そんな中に、七色のパラソルはとても映える。
老いも若きもレインボーパラソルなステージ。

ソファー横の小さいテーブルにはオレンジの砂時計が置かれてある。
これは20分計。
独占することなく、たくさんの方々に楽しんでほしいとするもの。
暑い夏場、実はソファーは熱されたフライパンのように熱い。
ほんとに5分も座っていられない。

展望テラス

展望テラス

少し高台になている展望所も用意されてある。
湖まで距離を感じるかもしれないが、緑と青がキレイに混じっている。
この日は、モヤがでていて青と緑が白で柔らかくグラデーションになっていた。
キレイに整備されている展望所でも、見渡す限り楽しむことができる。

足湯からの眺望も素晴らしい

美浜テラス

なんと、足湯も楽しむことができる。
もうそろっている。
タオルなどは購入することができるので、準備していなくても大丈夫。
歩き疲れたアシ休めにはちょうどいい。
ほっこりできる。

モニュメントもたくさん

メビウスの輪

広場のアチコチにモニュメントが置かれている。
幸せの鐘を鳴らして、裏のない和合神社で両表を参拝して、一願成就の瓦を投げる。
カフェもあれば、ハンモックもある。ビューポイント席もアチコチに。
五湖が見えないくらいの数が設置されている。
というと、少しオーバーかもしれないが、それくらいある。

五木ひろし氏の歌碑と歌

五木ひろし氏の歌碑

福井県は、歌手の五木ひろしさんの出身地だそうです。
散策中、ずーっと聞こえる歌があります。
五木ひろしさんの歌でした。
そして、歌はずーっと流しているわけではなく、「ふるさと」の下のボタンを押すと始まります。
つまり、代わるがわる、誰かがボタンを押しているんですね。
大人気。

足元の整備もバッチリ

通路もおしゃれに整備されている

足元の整備はしっかりされているで、3世代揃って出かけても、みんなで楽しめる

美浜テラス前

リフトとケーブル

山頂公園までの登りの映像

山頂までは、一人乗りのリフトと30人乗りのケーブルがある。
2分程度の空中散歩が楽しめる。
両足が地面から浮いているのがダメな方は、ケーブルもしくは、遊歩道も整備されている。

山頂から下りのリフトの景色はなかなかでした。
斜面の角度が急なので、下りの方が楽しめるかもしれません。

山頂から下りの映像

アクセスマップ

ゆうてえやあ 周辺立ち寄り情報

若狭湾国定公園

ドライブをするのなら、三方五湖沿いもいい。
ところどころで、駐車スペースが設けてあり、水面目線で楽しむ事もできます。

道の駅 三方五湖

道の駅 三方五湖

広い駐車スペースがあり、店内に入ると地元食材や地域振興の食品など見ていても楽しい商品が並んでいます。
旅先では、”地のものを探す”のも楽しみのひとつ。
周辺に観光場所や飲食店も近いので、この道の駅をベースにするのもいいかと思います。

若狭三方縄文博物館

若狭三方縄文博物館

若狭地方のジオツーリズムを見ることができます。
「年縞」と呼ばれる、土層による模様の解明などが展示されています。

SABA*CAFE

SABA*CAFE

少し時を戻しましょう。
ランチにはこちらをおすすめします。

熊川宿にある鯖バーガーのお店。
バーガー以外のメニューもありますよ。
とりあえず、わざわざ鯖をバーガーにしたのはなぜか?
おいしいからです。

鯖バーガー

味は鯖ですが触感は肉に負けません。
いや、魚と肉が違うことは理解していますよ。
おいしいのでオススメしておきます。
旅の思い出と話のネタとしても、どうぞ。

熊川宿

熊川宿

若狭から京都を結ぶ街道。
鯖街道として発展し、当時の風景が残されています。

道の駅 熊川宿では、お土産や食事もいただくことができるので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!

若狭町 | Wakasa同じ市区郡町村の記事