倉垣銀寄 銀寄栗を代々育て繋いだ発祥の地

栗のおいしい季節。秋。
初秋のころは、大阪北部にある能勢町はざわつく季節。

能勢町倉垣の銀寄栗

大阪府の北部に位置する能勢町(のせ町)。
大阪のてっぺんと呼ばれるエリアで、京都府亀岡市と兵庫県丹波篠山市に隣接する。
自然にあふれる山間部は標高差から気温差もあり、おいしい作物が育つ。

秋のくだものといえば、桃や柿などがあげられるが、能勢では栗が抜群に有名。
能勢で採られる栗は地名を取って能勢栗(のせくり)と呼ばれている。
なかでも銀寄栗(ぎんよせくり)は、別格の存在感がある。

銀寄栗の特徴

見た目は、他の品種と比べ、大きく山型でありながら面の部分もふくらんだ丸みがあり、色が濃くツヤがある。
ほんのりとした甘さと香りがあるのが特徴の和栗。

定番の調理法

食べ方としては、栗をそのまま蒸して半分に切りスプーンですくっていただく。
これが、銀寄栗をいただく一番おいしい方法だ。

というのは、栗農家のおっちゃんと販売所のおかあさん。
銀寄栗のおいしい食べ方を伺ったとき、声をそろえて話し出した方法は納得の食べ方だった。

砂糖を入れれば入れるほど甘くなる、地元の方はそんな調理はしない。
栗の風味と甘みを感じながらいただくのが、和栗ならではの一番の贅沢。だそうだ。

渋皮煮もおいしいのですが、なんでも加糖すればいいと、言わないのが地場流。

栗の調理はお早めに

銀寄栗を購入できるトコロ

銀寄栗は能勢町のほか、豊能町(とよの町)、箕面市(みのお市)でも栽培されている。
今では、全国に広がった銀寄栗。百貨店やスーパーでも購入することができる。
とは言え、やはり発祥の地で採れた銀寄栗を頂きたいもの。

道の駅くりの郷

能勢町にある道の駅。
名前がそのまま、「道の駅 くりの郷(さと)」であれば、入口で出迎えてくれるのは大きな栗。
施設内では、地場産の野菜や季節の植木なども置いてあり、レストランや案内所、お土産もたくさん並べられている。

道の駅 くりの郷

栗は、この時期一番目立つところに並べられているが、大人気で午後にはほぼ完売。
9時のオープンに並んで待つのも楽しみの一つ。
銀寄栗の販売所として、とっても有名な道の駅。
地元の友人が勧めるのも、はやりこちら。

2020年 能勢の銀寄栗

本当に残念ながら、酷暑と言われた2020年の夏は、栗の成長にはよくありませんでした。
多少の日照りに降雨も必要ですが、強すぎる日差しに、多すぎる降雨。近年少なくなった夕立。実の熟成に妨げになる。

台風の影響も重なり一気に栗が落ちてしまい、2020年は9月下旬から10月上旬と、とっても短いジーズンだった。

銀寄栗の由来

江戸中期、広島から持ち帰り植えた数本の中から、特に良い実を付けた栗の木を増やしていったのが始まりだそう。
すこしずつ、栗の栽培エリアが拡大していき、能勢町に広く、いまでは他府県に及ぶほど広範囲で栽培されている。

名前の由来は、そのおいしさから高値で取引されるようになり、当時流通していた銭貨の上の銀札と呼ばれる各藩で認められた札で取引され、銀札さえ呼び寄せる栗として、銀寄という名前になったそう。

紀州藩の藩札(銀札)

 

当時の原木

桃栗三年柿八年というように、栗の成長は早い。
栗の木は成長するとドンドン高くなるが、収穫が困難になるため、3メートル程度の高さで剪定されている。

江戸中期から実をつけ増やしてきた銀寄の原木は、残念ながらいまでは枯れ、原木から植樹された母木を元に、その遺伝子を受け継ぎ増やされている。

母木は、能勢の農協で管理され、実った栗は地元の販売所に卸されている。

倉垣銀寄のプライド

銀寄栗として確立され、その育成に代々関わってきた能勢町倉垣地区の農家の方は、倉垣銀寄の栽培に誇りをもっている。と話を伺いました。

しかし。
栗の季節になり、報道や記事においては、倉垣地域以外の地域で「銀寄栗発祥の地」や「銀寄栗の元祖」などと、歴史を改変されたような内容を目にすると、代々の努力をむげにされた気がして心を痛める。と話されていました。

銀寄栗の特集・企画には、ぜひ能勢町の倉垣地域にお越しください。

 

秋は栗の季節。日本列島全国で、その時期になるとテレビでも紹介され、農家の方は丁寧に栽培された銀寄栗を、ようやく出荷できることに喜んでいることでしょう。

地域の特産になるまで銀寄栗を大切に育てられ、たくさんの地域で銀寄栗を広く喜んでもらえることには、倉垣銀寄農家の方もうれしいと微笑んでお話を伺えました。

銀寄栗

ぜひ、おいしい銀寄栗を召し上がってください。

最新情報をチェックしよう!

能勢町 | the pinnacle of Osaka同じ市区郡町村の記事