成相寺から胸を張って眺める天橋立

胸を張って眺める天橋立

股のぞきで有名な日本三景のひとつ、天橋立(あまのはしだて)
観光客が続々と、股から覗く奇妙な姿が並ぶ光景は、ギネス級。

股のぞきを楽しめる展望台は、天橋立の両端にあります。
天橋立傘松公園
天橋立ビューランド

天に架かる橋(笠松公園側)
笠松公園側から股のぞきをすると、松林が青空に架かっているようにみえる珍しい地形から、天橋立の由来と考えられています。

飛龍観(ビューランド側)
天橋立ビューランド側からの展望を飛龍観と呼ばれています。
青い海を空と見立てると、くねくねとした松林は、龍が飛び立つように見え、右上がりに見える登り龍は縁起が良いとされています。

どちらも晴天の空が青い日に、青い海と天地が変わり松林の見え方が変わる比喩です。
空に架かる橋や、龍が飛ぶように見える。
少し想像力もいるかもしれませんね。

撮影は、上下ひっくり返すだけで、同様の効果があります。

股のぞき不要の眺望

成相山成相寺 (なりあいじ)
704年創建と伝えられ、 西国三十三所第二十八番札所でもある。

 

1400年に山崩れがあり現在の場所に移った。
元々は、さらに高い位置で創建されたそうです。

場所は、笠松公園側にあり、同公園より高い位置から天橋立を一望できる。
山の中腹とは言え、眺望は格別。

 

成相寺から天橋立のながめは、松林から少し右側に離れているため、股のぞきはしないで、見下ろすように楽しむのがいいでしょう。
お寺も自慢の眺望です。

ゴールデンウィークの頃にはシャクナゲの花もきれい咲いています。

アクセスマップ

 

●お車でお越しの場合は、国道178号線から丹後郷土資料館へ向かってお進み下さい。
●冬期は積雪が多いため、国道に雪が無くても寺院付近には積雪があります。
●十分な装備と雪道に経験がない方は、冬期の車での登山はお控え下さい。
※ご注意
 成相寺にナビを設定すると通行止の丹後縦貫林道を案内される場合が多いようです。
 ナビの設定は丹後郷土資料館(0772・27・0230)にしてください。そこからは一本道です。

 

成相寺HPより引用

天橋立周辺の観光地

知恩寺
丹後天橋立大江山国定公園
天橋立神社(橋立明神)
金引(かなびき)の滝
道の駅 海の京都 宮津

一番のおすすめは、松林(天橋立)の散策ですけどね。

最新情報をチェックしよう!