箕面の大瀧から瀧安寺 紅葉を整地道と山道から楽しんでみよう

箕面の大滝観光ならば、大日駐車場の駐車がオススメ。
平日は最大1000円
平日外最大1500円
箕面駅周辺の駐車場を探すよりは、こちらで駐車場の空きを待っている方が何かと時間短縮になります。
駐車料金は、上限設定があるので、時間をかけてゆっくり散策することができます。

今回は、明治の森 箕面国定公園にある、箕面の大滝から瀧安寺までをご案内します。

箕面の大瀧

箕面の大瀧

箕面の大滝 落差33mの滝。
滝つぼの周りには、モミジがバランス良く配置されていて、滝つぼ前には、滝をゆっくり望むように席が用意されており、すぐ横にはお茶屋さんもある。
紅く染まってきた紅葉。

オススメの眺望は、近くにある「滝見橋」を渡った角のくぼみ。滝までさえぎることなく見ることができます。

また、2階に上がれるお茶屋さんがあり、こちらはやや「紅葉が邪魔で滝が見えずらい」という、角度になります。
主たる目的が紅葉の場合は、まぁ、いいかもしれませんね。

大滝に流れ落ちる水は水道水で人口の瀧だ。
という話があります。これは箕面の開発利権に反対した小競り合いからくるデマだそう。
箕面の大滝は、日本の滝百選に選ばれています。

瀧安寺(りゅうあんじ)

瀧から箕面駅に戻るような感じで、整備された道を歩みます。
心もち、下り坂ような足取りです。左側に箕面川から高く伸びる紅葉を見上げながら散策。しばらくすると、右手にお寺が見えてくる。

大弁財天尊

日本で最初に弁財天を祀られたお寺

​箕面山は古来より箕面滝を中心に修行道場として発展し、我国では最も古い修行地の一つです。
西暦六五八年、役行者が箕面滝で修業し、弁財天の導きを受けて真理を悟り宗教家として大成。
行者は報恩感謝のもとに、自ら弁財天の像を作製し、滝の側に祭祀して箕面寺と称したのが、当寺の始めと伝えられています。(後に、瀧安寺と改称)

引用:箕面山 瀧安寺

箕面富くじ

現在の、宝くじの起源となる「箕面富」と呼ばれる富くじの発祥がこのお寺。
福を授かる富くじでしたが、次第に金銭が当たるくじが増え、世情に習い廃止となる。

2010年阪急電鉄が箕面開通の100周年を記念し富くじは復活。
毎年10月10日に行われています。

白龍大明神

弁財天の眷属として鎮座する白龍大明神。
白龍が手に持つ火焔宝珠印は、瀧安寺に伝わる秘印の神力で世界の災厄を滅するとして、白龍の御影を期間限定で頒布されています。

白龍の御影

瀧安寺(りゅうあんじ)は、「龍(りゅう)」ではなく「瀧(たき)」です。
京都の龍安寺(りょうあんじ)は、「龍」です。
検索や、漢字変換でお間違えの無いようご確認ください。

白龍は、「映画 千と千尋の神隠し」に登場する、ハクのモデル。
このお寺がモデルという事ではありません。

山道も魅力的

さて、もう一度大滝の方角へ戻ります。
瀧の上の駐車場に止めている場合ですが。
この場合のオススメをひとつ。

大滝から瀧安寺までの道のりを、整備された道で来られたと思います。
実は、山道側を通ると紅葉をさらに楽しむことができるのでご紹介します。

山本珈琲店から山道に進みます
山道は紅葉ロード

もちろん道はご覧のように、整地されているとはいえ、カカトのある靴では非常に大変な道です。
平坦な土道もあれば、丸太階段もあります。道幅も広くはないので、ゆっくり進んでいきます。

途中川のそばに降りて流れる紅葉を眺めたり、高く伸びた紅葉を見上げてみると、太陽の光で透かされた紅葉の色もまたきれいです。

こんな景色を楽しめるのがオススメの理由です。

 

大滝まで戻って来た頃、小腹がすいたのでいただきました。

箸巻きです

ペロッといただきました。
おいしかったです。
ごちそうさま。

駐車場まで戻ったら、軽く整理体操をしておいてくださいね。

アクセスマップ

 

最新情報をチェックしよう!