御相談所はコチラ 談山神社 朱色に彩られた成功の史跡

かたらい(談)の山からはじまった。
大化の改新で時代が変わり、はじめての元号が制定された。
藤原の苗字も生まれた。
きっかけは、ココ談山神社。

今回は、紅葉の談山神社をご紹介。

談山神社

けまりの庭
参拝の心得

神廟拝所の入り口に掲示してあります。
写真可能がうれしい談山神社。
SNSのアップもOK。

御祭神の藤原鎌足公を参拝をして、紅葉参拝のはじまり。

もみじの談山神社

談山神社 拝殿より

本殿を参拝すると、拝殿から紅葉を望む。
ちょうど境内を見下ろせる絶好の位置にある。


談山神社の中でも一番の人気スポット。
本殿を参拝し、振り返ると見事な紅葉がお出迎え。

拝殿の中から望む紅葉とその先にある山々を眺めることができる。
贅沢にも三カ所とも紅葉のみの景色を、正面から望むのはなかなかの辛抱が必要。
(画像では、観光客の方々が柱に隠れた瞬間を整えた一枚です)

外側を見がちだが、壁面には貴重な資料がたくさん展示されています。

拝殿

世界で唯一、木製の十三重の塔

十三重塔

談山神社の名スポット。
この先は拝殿に望む階段があるのですが、階段沿いにカメラマンが座り、両側から伸びる紅葉をからめて撮影されています。
夜間のライトアップになると更に素敵に演出されます。

ライトアップ

ライトアップは17時ごろから19時半まで。
始まってスグはまだ陽があるので、ごらんのように空は青く、紅葉はライトに照らされて赤みが強くみえる。

臨時バスの運行もあるようですが、バスで来られた方は、充分に時間を確認しながら楽しんでください。
ライトアップがメインなら、自家用車がオススメです。
最後の最後まで撮影を楽しめるそうです。

ゆうてえやあ

バスで着いたならば、まずはバス停横にあるお団子やさんに行ってみるべし。
まずは、焼きもちをひとつ戴きながら、お母さんに「いまの見どころポイント」を聞いてみよう。

とりあえずは、お店の裏側を案内されるかも。
紅葉とともに、見晴らしの良い山々を見ることができる。

バス停の上から

談山神社の目の前にお土産屋さん兼お団子やおでんなど、小腹に入れられるメニューがある。
境内に飲食店はないので注意。

アクセスマップ

最新情報をチェックしよう!

桜井市 | Sakurai同じ市区郡町村の記事