関西の一番桜を告げる紀三井寺のサクラ参りと周辺観光

近畿の桜開花情報でいち早く報告されるのが紀三井寺

正式名、紀三井山金剛宝寺護国院。
紀三井寺の名前で親しまれ、西国三十三国所2番札所でもある。
創建は紀元前770年、各時代に建物が追加建立され国指定重要文化財も数多く、日本名水百選(紀三井寺三井水)、日本さくら名所百選にも選ばれています。


近畿で一番早くに開花宣言をされる紀三井寺。
境内は広くはないものの、 桜並木を存分に楽しむことができます。
ご本堂のスグ前には、和歌山地方気象台認定の標本木があります。

紀三井寺で花見

楼門から231段の 階段を上がると、正面に六角堂、左に向かうとご本堂、右に向かうと新仏殿があります。
もう一つ上に登ると多宝塔・開山堂などがあります。
ご神木のそばには、お茶屋もあります。

オススメの眺望

オススメは新仏殿3階からの眺めです。
三階建ての新仏殿の中には、高さ12mの千手観音立像が安置されており、見上げるとナカナカの迫力を感じます。

また、新仏殿の3階まで階段で上がることができ、内部に安置されている観音様の目線まで上がることができます。
(拝観料200円)

満開の時期の絶景は、まちがいないでしょう
新仏殿は、夕方で閉鎖されますのでお早めに

 

夜桜も楽しみましょう

夜桜もフツーに楽しめる紀三井寺。
ライトアップされても拝観料は無料で楽しめます。
思うよりライトの数が多く、ひとつづつのライトがあかるい。

本堂の香炉横から新仏殿に向かっての一枚 。
夜でも明るく、つまづく様なことはありません。

本堂横にある池の水面反射を狙っても、ライトが明るいのでキレイに映ります。
鏡面桜の方がメインかな?

どの時間を切り取っても楽しめる紀三井寺は、桜見物の名所ですね。

お帰りの231段の階段もご覧の通りとても明るい。
階段は整備されておりキレイな段になっています。

一つくだったたトコロにあるお茶屋さんでは、花見の酒盛りでとてもにぎやか。

アクセスマップ

雑賀崎漁港の観光が人気の理由

さてさて、紀三井寺から近くに和製アマルフィが近くにあるのですがご存知でしょうか?

日中に紀三井寺を訪問したんだけど、夜桜も楽しんでみたいな。
ちょっと時間あまっちゃった。
そんな時には、雑賀漁港(さいがぎょこう) までドライブはいかがでしょうか?

和製アマルフィと呼ばれる雑賀漁港の町並みは、イタリアのアマルフィ海岸の町並みを連想します。

紀三井寺からクルマで、30分程。
ショップでお買い物ができるのかといえば、できません。
今人気の漁港カフェがある、といことでもありません。

少し丘を登るとシーサイド観潮に絶景が楽しめるカフェコーナーがあります。
雑賀崎を一望できるのでオススメです。

おふたりでゆったりと夕日をみながら、おさんぽして過ごす、ちょっとしたデートコースです。
たのしんでくださいね。

最新情報をチェックしよう!

和歌山市 | Wakayama同じ市区郡町村の記事