應聖寺 沙羅の花がそろそろ見ごろを迎える

沙羅の花 慶聖寺 関西花の寺第八番

應聖寺

應聖寺(おうしょうじ)
創建650年ごろ
御本尊:聖観世音菩薩、薬師如来(奥之院)

天竺の高僧、法道仙人により開基された。
兵庫県神崎郡福崎町にある天台宗のお寺。
関西の花寺 第八番札所

一年中花を楽しむ事ができるお寺。
中でも沙羅の木は、
本堂や境内、涅槃の庭などに配置され、
広い敷地の随所には、たくさんの花が約200本植えられてあります。
さすが花寺。

沙羅の木?

平家物語の冒頭部分

祗園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
娑羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらはす
おごれる人も久しからず
唯春の夜の夢のごとし
たけき者も遂にはほろびぬ
偏に風の前の塵に同じ

ここに出てくる娑羅双樹が沙羅の木です。
ご覧になったことはありますか?

こちらが沙羅の花

沙羅の花羅の木は、1本の木に複数の花をつけます。
沙羅の花は朝に咲き、夕方には花を開いたまま散る、
沙沙羅の木に咲いた、沙羅の花を見るのも奇麗ですし、
開いたまま散った沙羅の花たちも、
木のあしもとで開花を続けます。
これもまたみごとです。

沙羅の開花の見ごろ

下の写真が沙羅の木です。
まだつぼみが多く、1輪咲き、翌日には2輪咲き・・と徐々に増えてきます。

そんな沙羅の花が見ごろを迎えようとしています。
1輪、2輪と咲き出した2019年の見ごろは、6月20日ごろではないでしょうか。

少しずつ花が咲き始めています。
(2019年6月16日の開花状態です)

應聖寺には、樹齢300年を超える沙羅の大木があったのですが、
1996年(平成8年)に樹命を終えました。
今は大木の子供たちが大きく育っています。

沙羅の花は、例年6月下旬ごろを見ごろとしています。

ご本堂から

中央の木が、沙羅の木です。
(今はまだつぼみです)

咲いてキレイ
散っても奇麗な
眺めが楽しめると思います。

涅槃の庭

應聖寺の前庭には、涅槃像があります。
体の部分には、数種類の花衣が添えられてあり、季節によって異なる衣をまといます。
その四方にも、沙羅の木が植えられています。

涅槃像の前には、蓮池があり、蓮の花はきれいに花を咲かせています。
数色の花をつけています。
花の撮影に気を取られ、入水されることはありませんように。

境内散策

 
 
 

名勝應聖寺庭園

應聖寺では、
別室にて県指定文化財の名勝庭園を楽しむことができます。
今回は伺わなかったのですが、
お抹茶と和菓子をいただきながら、
今しか楽しめない四季の景色を楽しんでくださいね。

アクセスマップ

應聖寺 兵庫県神崎郡福崎町高岡1912

クルマをご利用の方
中国自動車道 福崎ICから10分程

電車をご利用の方
JR播但線 福崎駅から4km程

應聖寺周辺のおすすめのお食事処

  • 幟(のぼり)
  • 寿(ことほぎ)
  • ピッツァ リア ダ フィオーレ

ゆうてえや

  • 沙羅の花を見られる場所は多くありません。
  • 沙羅の花の見ごろは、毎年6月下旬ごろ
  • 入山料は200円
  • 庭園拝観料は500円で抹茶、お菓子付き(應聖寺庭園(江戸初期・県指定文化財)
最新情報をチェックしよう!