三尾の槙尾山 西明寺は平たんな参道で紅葉を狩りやすい

京都でもいち早く紅葉が楽しめる、三尾のうち槙尾山にある西明寺(さいみょうじ)

神護寺から、清滝川沿いで10分ほど。
もみじの朱色と苔の緑色をあわせて楽しむことができる。
境内に勾配はなく、ひざに負担なく、ゆっくり紅葉を楽しむことができるのも特徴。

槙尾山 西明寺

西明寺

西明寺 表門
境内からの景色

本堂から外庭を眺める景色。
ちょっとした小路にもなっている。

正門前の小路

本堂

本堂も散策しながら中庭を楽しむことができる。

中庭

本堂内はそう広くなく、見ごろを迎えたもみじを見つけると、足を止めるのは他の方も同じ。
なかなかの盛況ぶり。

裏参道

少し奥に行ってみると、神護寺から散策の場合、灌頂橋を渡ると裏参道に出る。
こちらからも赴きある、スペース。

池に浮かぶ紅葉と
沈み込んだもみじと
水面に反射して映り込むモミジと
たくさんの紅葉が混ざり合ったスキマに
空の青が混ざって目がチカチカするのも良いだろう。

鐘楼

もみじに囲まれた鐘楼

鐘楼は、自由につくことができる。
ただし、1回100円。
本堂の賽銭箱に納めます。
一足先に、除夜の鐘を一人で終わらせることが出来そうです。
ちなみに最後の108回目は、年が明けてからですよ。
今回は、1回だけついておこう。

表門両翼に広がる白い土壁にも映える紅葉

陽の差し込みが絶妙で、紅葉を裏側から見ることができる。

表門裏

苔ぶりも見事。
紅葉は近くの木から自然に落ちてきます。
好みの紅葉を探すのも楽しい時間。

西明寺へのアクセス

ゆっくり時間を過ごすことができます。
西明寺から高山寺の表参道まで徒歩10分程度です。

最新情報をチェックしよう!