大国主神社の狛ねずみ

敷津松之宮と大国主様の眷属おねずみ様に仕舞い詣で

金運、福徳開運、縁結びにご利益がある大国主神社
大阪市浪速区(なにわ区)敷津西町にあるのが、敷津松の宮 大国主神社

敷津松之宮 大国主神社

由緒は

神功皇后が三韓討伐(さんかんせいばつ)により、住吉大社から敷津の浜を航行中、荒波で海岸に打ち寄せられた。その場所に松を3本植え、この場所より潮が満ちないようにと祈願され、素戔嗚尊祀られたのが始まりとされている。

ご祭神

素戔嗚尊

大国主神社

敷津松の宮の摂社としてあるのが、大国主が祀られた大国主神社。

ご神託により、出雲大社より勧請し建立された。
どちらかというと、大黒様の知名度の方が高い。

ご祭神

大国主命

大黒様の眷属は、おねずみ様。
狛犬さまではなく、おねずみ様が両脇に鎮座されている。

ねずみと言えば、あちらこちらに宝を作ることで有名。

金運、ギャンブルのご神徳があると言い換えて、有名に。
その加護を手にする、種銭守りが売り切れるなんでいう事態も過去にはあったそう。

種銭

お寺であれば、毎年除夜の鐘で金欲も祓われるところでしょうが、種銭守りで加護を受けられる神社である。

今宮戎神社が徒歩10分ほどの距離にあるのも、拍車がかかる一因かもしれない。

令和2年の干支は子年(ねずみ年)

大国主命の眷属であるおねずみさまに、令和2年を無事に過ごすことができた報告に伺いました。また、良い年を迎えられることを願い、あたらしい年を迎えたいと思います。

 

みなさまも良い年をお迎えください。

大国主神社の狛ねずみ
最新情報をチェックしよう!